Ryu's Rock Life Blog

シンガーソングライター、ボーカリスト、ボイストレーナーとして活動するRyuのブログ

ボイストレーナーになったきっかけ

歌手になりたくて20歳でサラリーマンを辞めた。
上京して、いくつものバンドに参加した。

その頃、バンドのメンバーを探すには、音楽雑誌のメンバー募集欄が頼りだった。一番、メンバー募集欄が多いのが、プレイヤーという雑誌で、毎月購入していた。
24歳の時にそこで『ボーカル募集。完全プロ志向。当方、事務所に入っていてデビューが決定しています。』というのを見つけた。

 

オーディションで彼らと音を出した瞬間にキモチ良かったのを覚えている。ギターとベースとドラムがばっちり合っていて、オレは自由に歌うだけで良かった。
デビューが決まっているバンドはスゴイな、カッコいいなと思った。
音は、ストリートスライダースやシェイディドールズの様なローリングストーンズ寄りでオレの作る曲調とも合っていた。

そのオーディションに受かったオレは、それから2、3年の間、彼らとバンド活動をした。
シオンやコレクターズ、デル・ジベットなどが在籍する事務所で、いいライブを組んでくれたり、作詞家の岡本おさみさんを紹介してくれて、オレの歌詞を見てもらったりした。事務所の好意でオレの好きなシオンのライブは何回も観させてもらった。

 

そんな順風満帆だと思っていたある日のこと、スタジオに入ると突然ベーシストが「みんなごめん。オレ辞める」と言った。
彼女に子どもができたと。みんなと夢を追うのはもうできない、と。
今ならその切ない気持ちが痛いほど良くわかるが、その当時は、バンドに人生を賭けているのにーと、やり切れない思いでいっぱいだった。
それでも関係は壊れることなく、みんなでおもちゃを買って、生れた子どもに会いに行ったりした。彼は結婚して幸せそうだった。

 

バンドはというと、ベーシストが辞めるタイミングで、ドラマーがびっくりすることを言った。
「オレ、ボーカリストに転向したい」
もう、バンドは解散するしかなかった。


それからドラマーだった彼は、アコースティックギターで弾き語りを始めた。
ある日、電話があった。
リュウくんみたいに大きい声で歌いたい。教えて欲しい、と。
人に教えたことはないし、どうしたものかなと考えたが、彼はとてもいい声をしていたし、仲間を応援したかったのでやってみることにした。

 

先ずは、自分がどうやって大きい声で歌えるようになったのかを思い出してみた。
ハタチからいろんなバンドをやって来た中で、スパルタでオレをスーパーボーカリストにしようとしてくれたギタリストがいた。
彼は、バイトの先輩にアイボリーゲートというヨーロッパでも有名な日本のハードロックバンドのミュージシャンがいて、しきりにボーカルの大切さを聞かされていたらしく、オレを徹底的にしごいた(笑)

 

一日おきに一緒にスタジオに入り、ピアノを使って低い音から高い音まで2時間きっちり限界まで声出しをした。半年以上やったと思う。
彼もボイストレーナーではないから、理論は一切なく、感覚的なトレーニングだったが、今思えば、昔の演歌歌手が毎日山に向かって練習してましたと言うのと似ている気がする。
要は、日々の努力。その中で、これか!というコツを掴む瞬間が訪れる。
そうすればしめたものだ。そこから声をどんどん磨いて行けばいいのだ。
オレはそこで、腹式呼吸と喉を開いて歌うコツを掴んだ。

 

その後、ドラマーだった彼と一緒にスタジオに入って特訓をした。
彼は、コツを掴んでいいボーカリストになった。
テレビ東京アマチュアミュージシャン参加の番組でグランドチャンピオンにもなった。
誰にも言っていないが、オレがボイストレーナーになったきっかけは彼だ。
彼がいいボーカリストになったから、人に教えてもいいと思った。
いつか一緒に飲んでそんな話をしたいな。

 

オレは、バンド仲間に鍛えられ、その後、音楽スクールでボーカルを学んだ。
誰かに教えてもらうというのは、素晴らしいことだなと思う。
モチベーションも上がるし、ひとりよがりにならなくて済む。

ただ、オレは歌(ボーカル)は教えないことにしている。
ボイストレーナーとして、呼吸と発声をしっかり教えて、それが出来るようになったら自由に歌って欲しい。
歌(ボーカル)は、その人なりの表現じゃなくちゃ面白くない。
オレもバンドで歌うときは、いっさい上手く歌おうと思わないし、ビブラート等のテクニックを使おうとも思わない。
感情のままに歌う。それだけだ。
やってるのがロックだからかも知れないが、そうじゃなきゃ面白くない(笑)
なんだって面白くなきゃね。
 ボイストレーナーらしくないかも知れないけど、歌は自由に楽しく歌うのが一番だ(笑)

【仙台ライブ】定禅寺は暑かった!

f:id:ryurock:20190915210118j:image

定禅寺ストリートジャズフェスティバルで演奏して来ました!
当日は、都市型野外フェスを満喫して楽しんで来ました♪
まあ、いろいろありましたけどね(笑)

 

まず、朝の7時半に弘前を出たのですが、高速を降りてからかなり渋滞していて会場に着いたのは12時近く。4時間以上掛かりました。
同じステージで演奏するプロミュージシャン、おおたか静流さんのライブに間に合い、半分くらいは観ることが出来ました。とても素敵なライブでした。終わってから少しお話しして、オレらのバンドカードも貰ってくれました。
それから、すぐ機材を降ろして車の移動と機材の運び入れ。
機材置き場のテントは次の演者でいっぱいなので、出番まで他のステージを見たりしていました。しかし、この日は本当に暑くて、日陰を探すのも難しい状況で体力が奪われていきました。メンバーみんな、若干、熱中症ぎみだったような気もします。

 

そして15:00、出番がやって来ました!
事前に使用機材の変更をPAの業者に電話で伝えていたのですが、全く現場のPAさんに伝わっておらず、PAさんから文句を言われることに。電話で伝えてあるんですと言っても、そーですかと不機嫌なままで、ずーっとグラサンをしていたPAさん。コワかったですw
まあ、この炎天下の中、一日アマチュアバンドのPAをやるのも大変だと思いますが、もう少し明るくコミュニケーションしたかったな〜と思います。

しかし、それと対照的なのが、ボランティアスタッフさんでした。
ステージごとに2、3人いる学生さんと見られるボランティアスタッフのみなさんはいつも笑顔でとても親切。イベントの雰囲気を明るくしてくれていました♪ 

 

ライブ自体は、いわゆる中音(ナカオト:ステージ上の音)のバランスが悪くてメンバー同士の音が聞こえづらく前半苦労しましたが、中盤、後半と段々と良くなっていった感じです。

なかでも、震災からの復興を応援したくて作った曲は、バラードにもかかわらず足を止めてくださる方も多く、曲終わりの拍手も大きくて嬉しかったです。

f:id:ryurock:20190915210149j:image

MCのウケも良く、最後の曲ではお客さんとの一体感もあって楽しく終えることが出来ました。
今回は、やってやるぜと鼻息荒く意気込んでドラムセット、ギターアンプ×2台、マイクを持込んで演奏しましたが、セッティング時間があまり無く、お客さんを待たせてしまったので、次回参加するとしたらレンタル機材をシェアして使いたいと思いました。
とまあ、いろいろ勉強になった仙台遠征ライブでした!

 

そして帰りには、牛たんの元祖とも言われる太助の本店でおいしい牛たんを食べて帰りました。今回これが一番みんなのテンション上がりました(笑)


いろいろあったけど、大人の遠足、楽しかったです♪

定禅寺ストリートジャズフェスティバルのバンドミーティングに行って来た!

7月14日の日曜日、せんだいメディアテークにて行われたバンドミーティングに参加した。
当日は、雨で早々に歩くのをあきらめ、仙台駅からバスで会場まで。

会場入りすると、老若男女のバンドマンたちで溢れかえっていて、かなりの熱気!

f:id:ryurock:20190805130939j:plain

席は、演奏ステージごとに座ることになっていて、バンド名とステージ名が貼り出されていた。
受験の合格発表状態で、自分のバンド名を写メする方が沢山。

という訳で、オレもパシャリ(笑)
MUGENは、ステージNo.25の青葉区役所南側。

f:id:ryurock:20190805131003j:plain

各バンドの代表者が揃ったところで、バンドミーティングがスタート。
主催者の挨拶に、誇りと決意、そしてものすごい熱を感じた。

これは期待に応えるようビシッとプレイしなくてはと、会場にいるバンドマン全員が思ったことだろう。

f:id:ryurock:20190805131031j:plain

 その後、各部門から説明があり、ステージごとの打合せに。
まずは、同じステージで演奏する皆さんとの顔合わせ。
配布された資料を見ながら、対バンのミュージシャンを確認していると...

なんと、その中にプロミュージシャンが!

おおたか静流』の文字。

プロアマ問わず出演者を募集していることは知っていたが、プロと同じステージになるとはビックリ。
これはさらに気合が入る!

その後、ドラムセットやアンプなどを一括レンタルして、何バンドか同じ機材を使用する案などをみんなで話合った。

結局、MUGENは全部自分たちの機材を持込むことにし、ミーティングは無事終了した。

時間もあったので、雨の中、実際のステージが組まれる場所を確認しに行き、当日を想像&妄想。
バス停からもメインステージからも近いので観客は多いと思いますよ♪というスタッフさんの言葉を思い出す。
いい天気で、観客がいっぱいなステージだといいな。


そして、お約束の牛タンを食べ、お約束の笹かまをメンバー用に購入し、仙台を後にしたのだった。

NHKカルチャー青森教室『声のアンチエイジング』開催

NHKカルチャーセンターで新しい講座をスタートさせた。

その名も、『声のアンチエイジング』。

喉も使わなければ、老化するのが現実。
正しく楽しいトレーニングで、健康で艶のある『声』を手にしていただきたい。

また、誤嚥性肺炎で亡くなった父を持つ身として、そういう方をちょっとでも少なくしたいという思いもあり、誤嚥を防ぐトレーニングを加えた呼吸と発声の講座とした。

今日は、より目が行き届くように4名限定での開催。
熱心にメモを取って積極的に参加してくださる方ばかりで、講師としてうれしい限りだった。
是非、トレーニングを自宅でも行い、素敵な声を保っていつまでも若々しい喉でいて下さい。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!!


f:id:ryurock:20190727113614j:image

 

ロックバンドMUGEN、定禅寺ストリートジャズフェスティバルに参加決定!!

噂は何年も前から聞いていた。

・仙台のストリートで開催される音楽イベントの規模がスゴイらしい

定禅寺ストリートジャズフェスティバルという名前だが、フォークからメタルまで出演しているらしい

・出演するのが難しく、2,000組応募して1,000組合格するらしい

 

数年前に東京の友人が、自分のバンドの復活記念に応募して合格し、大人の遠足をして来ましたと話していた。
楽しそうだなと思った。
イベント自体もそうだし、応募することも含めて面白そうだ。

 

今年の始めにMUGENのメンバーに話をしたところ、よし応募してみよう!ということになった。
応募して、半分落ちて半分合格って面白いじゃん!腕試ししてみようと。


応募は動画でということだった。
締め切りの2週間前に一発録りで動画を2曲撮って応募した。

応募したはいいが、そもそも、ロックバンドでオリジナル曲ってイベント的にはどうなんだろうとも思っていた。
イベント名からして、ジャズバンドは需要があるだろうし、お客さんもジャズ好きな人が集まりそうだ。
コピーバンド・カバーバンドもお客さんを楽しませることが出来るという点では受かり易いかも知れない。

ま、受かっても落ちても、オレ達のロックミュージックが、イベントの運営側(審査員)にどう評価されるのかが楽しみだった。
オーディション的なものに応募するってのがすごく久しぶりだったから。

ちなみに、合格は封書、不合格はハガキで通知が来るらしかった。

 


大人になってから合否を待つことはなかなか無い。
最初はドキドキしていたが、そのうち忘れてしまった(笑)

そして、応募から2ヶ月以上経った頃、ついに封書が届いた!

『参加決定』と書いてあった。

自信は少なからずあったけど、やっぱり嬉しい。
これで、もはや目的の50%は達成されたと言っても過言ではない(笑)

今年の夏は忙しくなるな〜

さあ、大人の遠足の準備をしなくちゃ。

 

www.j-streetjazz.com

ギブソン ハミングバードの改造

アコースティックギターをバンドで使える様に改造する事にした。

オレのギター、ギブソン ハミングバードには、最初からL.R.Baggs Elementというピエゾピックアップが付いている。

マイルドな音色で、アルペジオをやる時にはいいが、カッティングの時はちょっとこもった感じに聞こえる。

また、バンドサウンドの中で埋もれてしまうため、ボリュームを上げることになるが、そうするとハウリングが起き易い。

練習スタジオでもハウる事が多々あり、ピックアップを変えることを決断した。

ネットで「アコースティックギター  バンド  ピックアップ」で検索すると、結構な数の人が同じ悩みでピックアップを変更している事がわかった。

その中でもバンドでアコギをガンガン使ってる人たちのHPやブログを参考にして良さそうなピックアップを探していくと、あるひとつのピックアップにたどり着いた。

SUNRISE S-2

f:id:ryurock:20190727111133j:image

音も確認していないのに、もうこれしかないと思った。

アメリカで一人の技術者が責任を持って作っているらしいそのピックアップは、高いけど音は最高だとネットではみんなが絶賛していた。
海外アーティストも使用しており、バンドの中でも埋もれず、フィードバック(ハウリング)も起きにくいらしい。

よし、ピックアップはこれに決めた!

だけど、ちょっと気になることが...

ピックアップを変えたら純正で付いていたL.R.Baggs Elementが使えなくなってしまう。んー、なんか淋しいぞと。

いい方法はないかとまたしてもネットの海に漕ぎ出すと、斎藤和義や押尾コータローがピックアップを2つ付けたアコースティックギターを使っているらしい。
2つのピックアップを曲調によって使い分けたり、2つのピックアップのレベルを調整してミックスしたものを出力しているらしい。

むむむ。

オレもそれやりたいぞ!

という訳で調べたところ、単純にギターにジャックが2つあってシールドを2本差すパターンと、ステレオ対応のエンドピンジャックがひとつあって、そこにステレオのシールド1本を差すパターンがあるとわかった。

ギターからシールドが2本出ているのは、見た目もそうだが、ステージ上で動きづらそうだ。

シールド一本で行くことに決めた。


システムはこうだ。

ギターにステレオのシールドを差し、2つのピックアップの音を拾って、

Dual Input Preamp Professional というプリアンプに送る。

f:id:ryurock:20190727111210j:image

このプリアンプは、これを通しただけで音が良くなると言う人もいて、プロミュージシャンの愛用者も多いようだ。

ステレオで入力した音は、ミックスしてモノラルでDIからPAに送ってもいいし、アンプに繋いでもいい。

また、ステレオ出力も可能で、2本のシールドから2台のアンプを鳴らすことも出来るのだ。

よし、これで方向性は決まった。

あとは、信頼出来る工房に改造を依頼するだけ。

 

ある日の東京。

原宿にある松下工房を訪れた。

f:id:ryurock:20190727111331j:image

25年前からお世話になっている老舗の工房だ。

ここに持ち込んだ。

「出来るとは思いますが...」

希望する改造を伝えたところ、なかなか難しいらしく、出来なかったら返金しますねと言われてしまった。祈るような気持ちでハミングバードを預けた。

ついでに、状態を診てもらい、フレットやネックも修理してもらうことになった。
きっとやってくれる筈!と楽天的なオレは、足取りも軽く、次に御茶ノ水に向かった。

ステレオのシールドを買うためである。

これが無くては始まらない。

結論から言うと、それから2時間御茶ノ水を歩き回ったが、どの店にもそういう商品は置いて無かった。頼りない太さのオーディオ用のステレオケーブルが一軒の店にあっただけだ。

ネットで調べてみると、個人製作者が販売している程度で、あまり流通していない事がわかった。

次の日、オレは新宿にいた。

もちろん、ステレオのシールドを買うためである。

御茶ノ水の楽器街に出店していない店に行ってみようと思った。

山野楽器 ROCK INN

昔、新星堂 ROCK INNだったところだ。

早速、メガネの女性店員さんに声を掛ける。

アコギにピックアップを2つ付け、どちらも鳴らす様にステレオのエンドピンジャックを付けたので、ステレオのシールド(ギターケーブル)が欲しいと伝える。

「そういう商品はありませんが、作る事は出来ますよ」

と店員さん。

素晴らしい!!

昨日の御茶ノ水はなんだったんだ。

ステレオのプラグは、これしか選べませんが、ケーブルはこんなに種類がありますよとケーブルをメーター売りしている場所へ案内された。

さらに、ケーブルを製作するスタッフに会い、ケーブルごとの性質などを聞き、ベルデンのケーブルで作ってもらう事にした。

しかも、普通は後日の受け取りだが、青森から来ていて今日帰ると話したところ、今から作ってくれるという。

優しい対応で、本当に有り難かった。

その後も、店を後にするまで、作ったものに何か問題あったらすぐ修理しますとか、とにかく素晴らしい対応だった。

もう、東京で楽器屋さんに行くならここだなと心に決めた。

 

そうして青森に帰り、2週間後。

遂にハミングバードが戻って来た!

f:id:ryurock:20190727111356j:image

流石は松下工房、改造は無事成功していた。

9V電池を必要とするアクティブのピエゾピックアップと電池の要らないパッシブのマグネティックピックアップを搭載したハミングバードが完成した。

しかも、電池切れの場合や普通のモノラルのシールドで使ったときにも音が出る様に、モノラルシールドを差すとマグネティックピックアップのSUNRISE S-2が鳴るようにしてある。

見た目は、普通っぽいけど実は...

っていうのが好きなオレにはぴったりの改造になった。

関わっていただいたお店の方々、ありがとうございました!

大満足です!!