Ryu's Rock Life Blog

シンガーソングライター、ボーカリスト、ボイストレーナーとして活動するRyuのブログ

写真の持つチカラ ~STAY HOMEで写真の整理~

もうホントに、写真の整理ほど手の止まる時間が多い作業はないのではないかと思った。

ここで言う写真とは、画像と同義語ではない。

紙に現像された『写真』のことだ。

 

この一か月ほどで、大量の写真を整理した。

 

父、母の若い頃の写真

幼いオレや姉が写った家族写真

父がどこかへ旅行している写真

親戚の結婚式の写真

学生時代に友達が焼増ししてくれた写真

社会人になって職場で撮った写真

バイク仲間との写真

アメ車仲間との写真

友達との飲み会の写真

友達の子供たちと写した写真

 

そして

 

そして

 

大量の

 

オレのライブ写真!!

 

 

整理するに当たって、自分なりのルールを設けた。

 

①知らない人だけの写真やピンボケ写真は思い切って捨てる

②似たような写真は、1枚残してあとは捨てる

③集合写真で、小さすぎてよくわからないものは捨てる

④ファミリーに限らず笑顔の写真は残す

⑤誰に見られても大丈夫な写真だけ残す(笑)

 

 

あらためて振り返ると…

 

 

・父、母の若い頃の写真

これは、すべて取って置いた。
オレが生まれる前の二人。初々しくて見てると嬉しくなってしまう。

映画「バックトゥザフューチャー」を思い出した。
二人が笑っているツーショットは最高だ♪

昔の写真なんだけど、二人に幸あれと思った。

 

 

・幼いオレや姉が写った家族写真

赤ちゃんのオレを抱く父やおんぶする母の写真は、特別だ。
大人になると、親にあまり迷惑も掛けずひとりで大きくなったような気がするものだが、人は皆、赤ちゃんの頃があり、今がある。それを再認識させてくれる。

感謝してもしきれない。頭があがらない。
しかし、幼少期のオレや姉を含む家族写真のなんと楽しそうなことか。

ニコニコおかおのオンパレードだ♪

 

 

・父がどこかへ旅行している写真

父は、ライオンズクラブや業界の団体に加入していたので、研修旅行などの名目でいろいろな所に行っていたようだ。

観光地などで写したもののなかには、父以外のメンバーの写真も多くそれらは処分した。
面白かったのは宴会の写真で、父の余興の写真だ。
東京の舞台で演劇や歌手をやっていた父らしく、生き生きと楽しそうな父の姿があった。

 

 

・親戚の結婚式の写真

実家を22年離れていたオレは、冠婚葬祭に参加することがなかなか難しかった。
姉の結婚式にも参加出来ていなく、今でも申し訳なく思っている。おのずと親戚の結婚式にもほぼ参加していない。
しかし、たまに帰省すると『東京でバンドやってるお兄ちゃん』のオレを親戚のみんなが飲みやカラオケに誘ってくれて仲良く遊んでいた。
そんな親戚の祝いの席の写真が結構あった。
写真を見ると出席した気持ちになれるから、今見てもいいものだ。
仲の良い親戚の厳かな表情はなんかいい。

 

 

・学生時代に友達が焼増ししてくれた写真

高校生くらいになると、自分たちでインスタントカメラを使い、運動会や遠足等のイベントや個人的なパーティーを撮影するようになった。
当時のオレはリーゼント。
ハイティーンブギのキャラクター「翔」に似てると同級生に言われて、その気になっていたのを思い出した。
今、冷静に見ると全然似ていない(笑)

 

 

・社会人になって職場で撮った写真

青森を出て最初に働いたのは茨城県だった。水戸の営業所での懐かしい寮生活が蘇る。
知り合いのいない土地で、一から仕事を覚え、だんだんと友達が出来て、バイクで大洗・阿字ヶ浦の海岸によく行ったっけ。
そういえばオレ、茨城弁も使えるんだってことを思い出した(笑)

東京のアジア雑貨屋で働いていた頃の年賀状用集合写真や慰安旅行の写真もあった。
それはそれは濃いメンツが揃った雑貨屋だった。いろんなことを学ばせて貰った。
この店に出会っていなければ今のオレはいないと思えるほどだ。
ド金髪のロックにいちゃんを雇ってくれたことに今更ながら感謝!!

 

・バイク仲間との写真

社会人になってからもあまり車に興味が無かったオレは、ずっとバイクに乗っていた。
いい機会だから思い出してみると、18歳から30歳までの愛車遍歴は、こういう感じだ。

YAMAHA RX50 Special
KAWASAKI GPZ400F
YAMAHA RZ250RR
YAMAHA TRZ250
YAMAHA SR400
YAMAHA DRAGSTAR250
KAWASAKI ZEPHYR400


10代の頃、暴走族でもないのにわざわざ夜に集まって撮影したテールランプが流れる写真は、昭和の雰囲気バツグンでニヤリとする。

その他、ミュージシャン仲間で初日の出ランと称してバイク数台で観音崎に行った写真もあり、ブルブルの寒さだった記憶が蘇る。

 

 

・アメ車仲間との写真

何度か事故にも会い、30代半ばでバイクを降りて車に乗るようになった。
車では仲間意識は芽生えないかと思ったが、CHEVROLET  CAMARO  Convertibleに乗ったことでカマロオーナーズクラブに入った。
高速のサービスエリアに集まってみたり、観光地に行ってみたり。
人のカスタムを見るのは楽しかったが、車をイジるよりも走ることが好きで、しかも群れるのは好きじゃないので数回しか行かなかった。
オープンカーは、またいつか乗りたいなと写真を見て思った。

 

 

・友達との飲み会の写真

これはもうどうでもいいという写真が沢山あった(笑)
男ばっかりで飲み屋でふざけてる写真とか、カラムーチョとかのスナック菓子をつまみにアパートで飲んでる写真とか。 
大体がハタチ頃で、アホっぽくて面白い。昔の方が、今より写真を撮るときにふざけていたような気がする。変顔もそうだし、誰かの頭の上にいたずらしたり。
現像するまでのお楽しみってのが良かったのかな~

 

 

・友達の子供たちと写した写真

親しくしていたアマチュアミュージシャンの中に、子供が生まれる仲間が30代くらいから増えだした。
そのままプロデビューの夢を追い続けた者もいたし、音楽活動を辞めた者もいた。
そんなミュージシャン仲間の子供たちにオレは結構好かれた(と思っている)。
実際、オレのあぐらの中を取り合って子供同士でけんかが起きたくらいだからまんざら嘘でもないだろう(笑)

成人したその子らに会うとなんだか親戚のおじさんのような気持ちになる。
今は地理的に離れてしまったが、彼らが元気で子供時代のように笑顔で暮らして行くことを願うばかりだ。

 

 

そして

 

 

・オレのライブ写真!!

 この量の多さには参った。
マチュア時代からライブをやると、メンバーの関係者だったりマネージャーだったりがライブの写真を必ず撮ってくれた。
一時期プロとして活動していたときは、事務所がプロのカメラマンさんで撮ってくれたりもした。
と、いうことは、本格的にライブを東京で始めた23歳から、活動を縮小させた38歳くらいまでの約15年間のライブ写真がほぼあるということになる。
多いときは年間10本くらいライブをやっていたので相当な量だ。
仮に36枚撮りで毎回撮影していたとしたら、36×10×15=5,400枚!

とりあえず、あまり悩まずに取捨選択マシーンとなってどんどん捨てて行った。
10分の1以下にはなったと思う。
東京では7つバンドをやったので、それぞれの思い出があれば枚数はそんなに要らない。
もうこの世にいないメンバーもいるし、アイツどうしてるかなって気になるメンバーもいる。
写真を見ると、また一緒に音を出したいと思うけど、そう思えるバンド活動が出来たことを喜ぶべきだろう。
15年間の歩みを今回一冊のアルバムに入れた。
長髪時代、金髪時代、アンコールでは上半身ハダカ時代(笑)など、なかなかレアな写真もあって、これもあれも自分だなと再確認。
こういう人生を生きて来ての今だから、これからもオレらしく生きて行こうと改めて思う。

 

 

今回、ステイホーム中に大量の写真を整理しなくてはと、やる前は面倒な気持ちになったが、実際は違った。

面倒な時間じゃなくて嬉しい時間だった。

人生を振り返ることは、なかなか日常では難しい。

今回、それが自然に出来た。

撮影してくれた人にも感謝だ。

そして写真の持つチカラに改めて気づかされた。

写真には過去しか写っていないが、それはあたかも大きな木の根っこのように自分の足元を支え、未来に葉を伸ばすために確実に役立っていると言える。

最後に、プロに撮ってもらったライブ写真を載せておこう。

この頃の自分に負けないように。

 

f:id:ryurock:20200627120042j:plain

f:id:ryurock:20200627120104j:plain

f:id:ryurock:20200627120128j:plain

f:id:ryurock:20200627120142j:plain

 

STAY HOME で『けん玉』

本日、5/6までだった緊急事態宣言の延長が検討されているという報道があった。

この状況下、自粛疲れとか言わずにみんなで『ステイホーム』を実践し、感染拡大を防止しなくてはと改めて思う。

 

さて

ステイホーム

家で何やろう

 

オレの場合、ギターの弾き語りとか音楽は別として、前からやりたかった事や面倒で手をつけて来なかった課題にじっくり取り組もうと思った。

 

それで今、時間がある時に3つの事をしている。

 

まずは、断捨離。

大量にあるカセットテープ、MD、CD、ビデオ、本の処分。

これは、ひとつずつ見ちゃってなかなか終わらない(笑)

 

次に家での自転車漕ぎ

専用のローラーをピストの後輪にセット。

風景が変わらないと自転車はつまらないと再確認(笑)

 

そして、

今回のブログタイトルにもなっている『けん玉』

この新しい趣味に完全にハマっている。

何というか、もう単純に楽しい。

f:id:ryurock:20200502005706j:image

やっぱり楽しいコトをするのが一番だと思う。

この社会全体の重苦しい空気を自宅に充満させないように、それこそ空気を気分を入れ替えて楽しまなくっちゃいけない。

 

 

話は飛ぶが、昔から『精神統一』モノが好きだった。

心頭滅却すれば火もまた涼し
燃え盛る火の道を歩く修行僧

沈黙の後に気合もろともバットを折る空手家

張り詰めた空気の中、一本の矢を射る弓道

そういうのが好きだ。

しかし、一切やって来なかった。

 

で、けん玉。

オレが思うに、けん玉は、精神統一が必要だ。

集中する。そして失敗を恐れず技を繰り出す。

簡単そうに見えて難しい。

 

 

ちなみに、出会いは突然だった。

100均のおもちゃコーナーでたまたま目にしたけん玉。仕事のイベントで使えるかもとひとつ購入してみた。

紅白歌合戦で最近よく見るが、そういえばやったこと無いなーと思った。

子供の頃、家にも無かったし、学校にも無かった。

オレの時代では流行らなかった、所謂「昔の遊び」。

 

しかし、結論を言うと100均で買ったプラスチックのけん玉にハマってしまったのだ。

 

そのうちプラスチックでは物足りなくなり、程なく木製をネットで購入。

全然違った。

玉が重いと安定して、技がバンバン決まるようになった。

新しい技が出来るようになると嬉しいし、楽しい。

 

そして、上手い人の動画を観るとつくづく奥が深いなあと思う。

これは、楽器が弾ける様になるのと感覚が近い気がする。

 

そして、つい最近うちの奥さんから誕生日プレゼントで新しいけん玉をもらった。

しかも、日本けん玉協会認定競技用けん玉というヤツを。

これはもう、終息したら級を取るしかないな。

いや、どうせなら段を狙うか(笑)

 

そうそう、ちなみにけん玉は有酸素運動らしいので、運動不足の人にもオススメだ。

 

最後にみなさん、

何か楽しいコト見つけて

stay homeで踏ん張って

生き延びましょう!!

 

Stay home  stay gold.

 

 

4月19日の「声のアンチエイジング」講座は中止とさせていただきます

個人では宣伝していませんでしたが、NHKカルチャーセンター弘前教室さまより、青森教室が閉鎖するタイミングで依頼があり、この4月からボイトレ系講座を開講することになっていました。

その第一弾として、4月19日に青森教室でも好評だった「声のアンチエイジング」を予定し、広告チラシやNHKのホームページで参加者を募集していました。

しかし、そのチラシが出来上がったころに新型コロナウイルス関連のニュースが出だして、個人的に宣伝をしようと思うことがどうしてもできませんでした。

 

先日、オレから弘前教室さまへ、4月19日開催予定の講座を新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止させてくださいと連絡を取りました。

弘前教室さまからも、4月12日まで全国規模で休講ですが、今後も休講期間を延長する事が予測されます。先にご連絡をいただいてすみませんとお返事をいただきました。

 

今は、みんなでこの状況を乗り越えなくてはなりません。

まずは、感染拡大防止です。

それこそ、地球規模で考える必要があります。

自分が何をしたいかではなく、自分がなにをしてしまうかを考えましょう。

窮地に立ったとき、本性が出ます。

心の中のモンスターを檻に閉じ込めましょう。

わたしたちは、地球の一部だということを思い出しましょう。

その上で行動しましょう。

わたしたちはひとつです。

WE ARE ONE !!


アフリカンミュージックと絵本のライブ

1月26日に青森県観光物産館アスパムで「MUSUBI」というクラフトイベントがあり、音楽ステージでオレの参加するアフリカンバンド MUGEN SANKOLOのライブがあった。

f:id:ryurock:20200224135648j:plain

このバンドは、民族音楽が好きなミュージシャンが集まって出来たバンドで、基本、メロディ楽器は無く、メンバー全員でリズム楽器(太鼓)と唄だけでアフリカンミュージックを奏でている。


オレも、手で叩く『ジェンベ』というアフリカン太鼓を演奏し、唄っている。

 

 

こうしてブログを書いていて思ったが、アフリカンミュージックの場合は、この「唄う」という字がしっくりくる。

 

この手のCDを聴くとわかるが、アフリカンは、上手く歌おうとか、感動させようとか、カッコつけようとか、ましてや、賞賛を得たいとかそういう我を一切感じさせない普段着の声で「唄う」のだ。

 

オレもロックボーカリストとしての我を一旦フラットにしてプリミティブな感情で唄うことを心掛けている。

 

ちなみにこのバンドは、今年で結成から10年目なのだが、今回のライブで初めて演奏にプラスして絵本の朗読も行った。

f:id:ryurock:20200225114357j:image

今回取り上げたのは、青森県出身の沢田としきさん作「アフリカの音」という絵本。

アフリカの日常と祭り、そこで奏でられる太鼓のおはなしだ。

 

ライブは、朗読するオレ以外のメンバーが絵本の内容とシンクロした演奏をするという手法で行ったのだが、小さなお子さんを含め、会場の色んな年代のみなさんがニコニコして聴いていたのが印象的だった。

終わってからも、また観たいとたくさんの方に声を掛けていただいた。

有り難い事だ。

 

アフリカでは昔、祭りや祝い事以外にも、例えば漁や畑仕事のときに、働く人々を応援する目的で太鼓を叩いたと言われている。

 

オレたちも、これからの活動で誰かを笑顔にしたり、応援することが出来たら幸せだな〜とそんなことを再確認したステージだった。

 

まだ一回しか演ってないが、「アフリカンミュージックと絵本のライブ」、良いかもしれない。

ビブラートについて考える

ビブラートが苦手なんです~という声をよく聞く。

しかし、そもそも論で考えると、

 

「そもそもビブラートは必要なのだろうか」


となる。

 

いろんな音楽スクールなどでビブラートを教えていると思うが、個人的にはそんなに必要なのかなと思ってしまう。

 

それは、なぜか?

 

たぶん、オレが「わざとらしい」のがキライだから。

 

以上。

 

いやいや、もうちょっと掘り下げてみよう。

 

 すべての歌詞の語尾にいかにもなビブラートを掛けて歌うのは、やる人によっては、「天然」感が無く「わざとらしい」と感じてしまう。
なんかココロで歌っていないなあと。言い方を変えると、ココロに響かないなあと。

 

しかし、困ったことにこれは、『やる人によっては』という注釈がつく。

 

『やる人によっては』というのをひとまず横に置いて、「天然」について考えてみよう。

 

まず思うのは、単純に「天然」っていいよね。

 

天然マグロ

天然色

天然ボケ

天然パーマ

みんな素敵で嘘が無い!
ここ大事。

オレは上のヤツ全部好きです(笑)

 

じゃあ、どんなのが「天然」のビブラートかというと

真っ先に思い浮かぶのは、

 

宇多田ヒカル

この人のビブラートは、超「天然」に感じる。デビュー当時にもう完成されている。

所謂、ちりめんビブラートと言われるものだが、やってる感が無い。本当に自然だ。

 

次に大御所エルビス・プレスリー

この人ほど、上手く歌おうとしていない感があるのにココロに響く人もいない。

ビブラートを含めて「天然」だと思う。

やはりキングは、偉大なのだ。

 

仮説だが、「歌っていたら感情が入って、結果としてビブラートになってしまった」というのがビブラートの起源なのではないだろうか。

それを、これはすごい感情表現だと、演者たちみんながこぞって真似したのではないだろうか。

そんな気がする。

 

 

話は変わるが、ダウンタウンの松本が以前テレビで言っていたことが忘れられない。

「漫才で、ここはもっと声張らなとか思ってやったことない。ネタに入ると、自然と大きい声にも小さい声にもなる。わざと大きい声を出したらそれは嘘になる」

そんな内容だった。

これには、ものすごく共感した。

表現者として、大事なことだと思った。

結局「わざとらしい」のは、響かないってこと。

 

 

昔のことだが、とあるオーディションに合格し、育成アーティストとして目黒にある事務所の預かりになったことがある。

 元バックストリート・ボーイズのニック・カーターのプロデューサーもデビューに関わって日本以外でも活動するというビックプランだった。

ある日スタジオでバラードを歌ったオレは、ミキサールームで自分の歌をスタッフ全員で聴いたあとに、プロデューサーに聞いてみた。

「ビブラートをもっと練習した方がいいでしょうか」

答えは、こうだった。

「ハートで歌うことが一番だよ。歌うときにそれは考えなくていい」

 

その後、イギリス ヨークシャー州出身の女性ボーカルトレーナーとレッスンを開始したのだが、彼女もまたビブラートを使えとは言わなかった。

 オレはそこの事務所では、デビューすることにならなかったが、大切なことを教えてもらった。

ハートで歌うことが一番。
それは、今でもそう思っている。

 

 

 では、まとめ。

ビブラートを使うときは、

 

「歌っていて自然とそうなった、気づいたらそうなっていた」

 

ぐらいがかっこいい。

以上。

 

 

そうそう、『やる人によっては』は、

 

アイドルやアイドル的な歌手以外の人は、と言い換えることが可能だ。

 

アイドルはビブラートをしても、例えそれがわざとらしくてもなんの問題もない。

 

何故ならすでに観客のハートを鷲掴みだから。

そうありたいものだね(笑)