Ryu's Rock Life Blog

シンガーソングライター、ボーカリスト、ボイストレーナーとして活動するRyuのブログ

福山雅治のスタンドインでポカリスエットのCM撮影に参加した話

今日、福山雅治が50歳になったようだ。

福山雅治の影武者やったことあるんですよね」
そう聞かれることが多いので、ちょっと思い出してみよう。

 

 

15年前、彼のスタンドインをやることになった。

スタンドインとは、役者やタレントの代わりに本番さながらにカメリハなどを行う人のことだ。

 

「Ryuくん、まだ痩せてる?」

ある日そんな電話が掛かって来た。

電話の主は、一緒にバンドをやった事のあるドラマーで、その頃彼は芝居にも出るようになっていた。

ああ、変わらないよと返事をした。

すると、ポカリスエットのCM撮影で福山雅治のスタンドインの仕事があるんだけど、身長が178cmくらいで痩せててギターが弾ける人を探しているんだ。オレじゃ、背が足りなくてさ。

という。

そして、ギャラはいいが、即決ではなく、プロフィールと写真を何枚か送ってオーディションになるとのこと。

 

指定された所にメールを送ると、一週間くらいで合格通知が来た。

 

CMの内容はこうだ。

 シーナ&ロケッツの鮎川誠の家に福山雅治が遊びに来て、ギターセッションをし、ふたりでポカリスエットを飲む。

撮影は連続して4日間行われた。

当時オレは、バンド活動をしながら原宿で働いていた。
勤務先に福山雅治の代役でCM撮影に参加するので4日間休みをくださいと言ったら、快くオッケーしてくれ、同僚の紹介で裏原宿のカリスマ美容師に福山ヘアーにまでしてもらった(笑)

 

都内某所の工場の屋上に鮎川邸というセット(マンションの一室)が組まれ、そこで撮影をした。

1日目2日目は、鮎川誠役の人と一緒にカメリハやテスト撮影をした。

3日目に福山雅治と鮎川誠が登場し、二日間で撮ったビデオを観て動きを確認し、本番の撮影を行った。
福山さんは、テレキャスターデュアン・オールマンモデルのストラップを付けていて、オレが気づいて二人でそんな話をした。
鮎川さんは、オレのギター『テスコ デル・レイ』を見るなり、テスコいいね~オレもデビューの頃に使っていて、今、PCの壁紙にしてるよーとハイテンションで話し掛けてくれた。
二人ともステキなミュージシャン、ロッカーだった。

そして、3日目の一日だけで二人の撮影が終わり、4日目には、福山雅治が着用した衣装やアクセサリーなどをオレが身につけ、追加の撮影をすることになった。
顔の写らない、ギターアンプにプラグを差すアクションや、ギターのカッティング、手元のアップなどを何回もやった。
断言は出来ないが、CMを観るとそれらのアクション部分はオレだなと思う。

また4日目の撮影場所近くにはファンらしき人もいて、昨日福山雅治がロケしてたという情報が流れたのだろう。
オレの姿が見える度に勘違いして歓声があがっていた(笑)


このスタンドインという経験は、興奮もしたし、いい刺激になった。

撮影の合間のギターセッションも本当に上手くて良いものを観させてもらった。

 

あれから、15年か。 

ちなみに、オレはまだ痩せているぞ。

また、彼のスタンドインをやってみたいものだ(笑)

 


そのときのCM
鮎川誠 ポカリスエットCM『鮎川誠邸篇』福山雅治

www.youtube.com